バンカーでのマナー

バンカーでのマナー

バンカーというのは、ゴルフコース上に設置された砂場の事です。
一種の障害で、ここに入ると遠くの距離に飛ばすことができなくなるばかりか、状況によっては出す事すら難しくなります。
バンカーに入る時、出る時のマナーをしっかり覚えて行動しましょう。

バンカーに入る時は、土手の一番低い場所から入る事を心がけておきましょう。
トラブルになっている状況なので、気が動転して忘れがちなマナーです。
入る位置は統一しておいた方が、整備もしやすいでしょうから。
この際、レーキという砂をならす道具がバンカーの傍にある事を確認してください。
野球で言うトンボです。鉄製の砂を慣らす道具です。
バンカーにはほぼ確実に置いてある道具ですが、ないこともあります。
その場合は足で慣らしてください。

バンカーショットを打ち終わったら、砂場をしっかりレーキでならしておきます。
自分が踏んだ場所やボールがあった場所を平坦にして、レーキを元の場所に戻して、速やかに出ましょう。
踏んだ場所を良く忘れる方がいるので注意してください。
レーキをバンカーの中に放置する事がないよう注意してください。