ゴルフをする服装

ゴルフをする服装

ゴルフというのは、紳士のスポーツといわれます。
これだけ聞くとなんか堅苦しく感じますよね。
でも最近はかなりラフなスタイルでのプレーも許されます。
しかし最低限の服装というものはありますよ。

参考にすべきはやはりプロゴルファー。
ゴルフコースを回っているプロの服装をテレビで見たりすることです。
意外と皆ラフな格好をしている事に気が付くかと思います。
特に女子プロの方などはかなりファッショナブルですよね。
男子プロもファッションが気になる方は石川遼くんを参考にすると良いのではないでしょうか。

最低限の服装というのは、明らかに常軌を逸したファッション性の高い物はやめる、スポーツをする格好とは逸脱した機能性に乏しい服装はやめる、などというところです。
逆に言えば、紳士のスポーツとはいえ、そこまで堅苦しく考える必要はないということですね。
例えば、上は襟付きのポロシャツが基本となります。
が、最近は襟がなくても大丈夫と思います。
アディダスやルコックのTシャツなどがオススメです。
まず文句は言われないと思います。
ただし、名門といわれるメンバーズコースを回る場合は微妙な感じです^^

一昔前までは下は長ズボンで、ジーンズは論外です。
ただしゴルフメーカーが販売しているデニム系のパンツなら大丈夫かもしれません。
しょーとぱんつは最近はどこでも大丈夫です。
ただしよれよれの短パンは止めてくださいね^^
そして、基本的にはスポーツができる格好をしなくてはなりません。

冬場の場合は、相当寒い場合はアンダーに気を使うと良いでしょう。
アウターに着込みすぎるとゴワゴワして、動きにくくなります
そして、夏場はかならず帽子やサンバイザーを着用するのがオススメです。
ポロシャツなら襟は立ててくださいね。
疲れ方が違いますよ^^